28.3.19

くちゃくちゃ漫画 ダメ両親:ポップコーンのあれ  Mangaccia Genitori bocciati: Quel pezzo sottile di popcorn

Che cos'e' il Mangaccia?

Anche oggi, Yoko gratta la schiena di Giova-chang. Qui? Oooh! Si! Li mi prude!
1. 今日も、ヨウコは
ジョバちゃんの背中をかいています

ヨウコ
「ここかいな?」

ジョバちゃん
「おおお、そこそこ!」

Non vuoi una colonnna pieno di aghi? Cosi puoi grattarti quando vuoi!
2. ヨウコ
「あんさん
柱にいっぱい針を付けてやな
そこで背中かいたらどうや?
ほな、好きなときにいつでも背中かけるで!」

No, no! Ti ho sposato solo per farmi grattare la schiena! Ah, okey.
3. ジョバちゃん
「あかんあかん!
僕の背中かいてくれるから
あんさんと結婚したんや!」

ヨウコ
「あ、そうか」

Dopo un po'... Yoko, nella mia bocca c'e' un pezzo di cibo incastrato.  Me lo puoi tirare via?
4. しばらくして
ジョバちゃん
「口ん中にな、
なんか挟まっとうねん
取ってくれる?」

Cosa?! Per quello c’è il filo interdentale. Tò! Prendi questo stuzzicadenti! C'e' un pezzo tra un dente e la gengiva! Ti ho sposato solo per questo!!!
5. ヨウコ
「え、デンタルフロス
使たらええやんか」

ジョバちゃん
「はい、これ、つまようじ!
歯と歯茎の間に
挟まっとうねん!
このためだけに
あんさんと結婚したんやからな!!!」

Allora dimmi dove è questo pezzo! Non lo so neanch’io! Forse li sotto!
6. ヨウコ
「ほな、どこにあるか言うてんか!」

ジョバちゃん
「しらんねん、僕も!
多分そこの下やわ!」

Ah, ecco! E' andato via!!! Ce l'ho fatta... a casaccio.
7. ジョバちゃん
「あ、ほら取れた!!!」

ヨウコ
「おお、超まぐれで
できたで」

Da due giorni che mi infastidiva. Da due giorni?!
8. ジョバちゃん
「2日前から挟まっとってん!
気持ち悪かったわぁ」

ヨウコ
「2日前〜?!」

9 Era un pezzo sottile di popcorn! Ora di nuovo vado a mangiare!!! Oh, quel pezzo! Ti capisco. Ma siamo una coppia molto pacifica...
9. ジョバちゃん
「あのポップコーンの
薄っぺらいやつやってん!
ほな今からポップコーン
また食べに行くわ!!!」

ヨウコ
「ああ、あのあれか!
分からんでもないな」
と言いながらも
「なんとまあ平和な夫婦や事」
と思っています

21.3.19

くちゃくちゃ漫画 ダメ両親:バ?  Mangaccia Genitori bocciati: BA?

Che cos'e' il Mangaccia?

A Milenina piace molto il pane.
1. ミレーナちゃん
パンが大好き!

... vuoi questo pane? Ma prima finisci il prosciutto. BA!!! Dammi il pane.
2. ミレーナちゃん
「バ!」
(パン、ちょーだい!)

ヨウコ
「パン?
先にハム食べんさいな」

Alla fine Milenina capisce e si rimette a mangiare il prosciutto... ...
3. するとミレーナちゃん
ママの言うとおりにハムを食べます…

C’è ancora del prosciutto. Finiscilo e poi ti do il pane. BA!!! Voglio il pane!
4. ミレーナちゃん
「バ!」
(パン、ちょーだい!)

ヨウコ
「まだハムあるで
それ終わったら
パンあげるわな」

Io vede il pane... perché non posso averlo?
5. ミレーナちゃん
「パン、そこにあるのにな
なんでくれへんのかな?」

BA? * Posso avere del pane, mamma? E va bene, hai vinto.
6. ミレーナちゃん
「バ?」
(ねえ、パン、くれる?)

ヨウコ
「もうええわ
はいどうぞ」

14.3.19

くちゃくちゃ漫画 ダメ両親:グレータちゃん  Mangaccia Genitori bocciati: Signorina Greta

Che cos'e' il Mangaccia?

Un giorno, Milenina è al parco felice...
1. ある日、
ミレーナちゃんは
公園でルンルンです…

Anche oggi esploro il mio parco! !
2. ミレーナちゃん
「今日も
アタシのこうえんを
ぼうけんしよっと!」

Una bambina, Greta, trova Milenina e decide di giocare con lei! ... ma Milenina non lo sa!!! Come¥'e' piccola e carina!!!
3. グレータちゃんという女の子が
ミレーナちゃんを見つけました
「ちっちゃくって、かわいい!」
そして、
「今日はミレーナちゃんと遊ぶ!」
と決めたのです
でも、ミレーナちゃんはそれを全く知りません!!!

Così sale su una scala...
4. ミレーナちゃんが
階段を登ろうとすると…

Vieni, piccola! ???
5. グレータちゃんが
先回り
「おいで、ちっちゃい子ちゃん!」

Poi va sul ponte di legno...
6. 木の橋に行くと…

vieni, piccola! ...
7. グレータちゃんが
先回り
「おいで、ちっちゃい子ちゃん!」

Ah? Va a salire sul passeggino? Di solito non vuole tornare a casa!
8. ヨウコ
「あれ? ベビーカーに自分で行きよるで?
いっつも家に帰るの嫌がるのになぁ!」

7.3.19

くちゃくちゃ漫画 ダメ両親:社会の縮図  Mangaccia Genitori bocciati: Societa' in miniatura

Che cos'e' il Mangaccia?

Oggi vi raccontiamo una storia del parco...
1. 今日は、公園のお話をしましょう…

C'e' una bambina, Giulia, che ha portato il suo monopattino. Ma adesso lei sta sull'altalena.
2. ジュリアちゃんという
女の子がおります
今日は、キックボードを
公園に持ってきました
でも今はブランコに乗っています

A un certo punto appare Filippo. Lui vuole salire sul monopattino di Giulia. Ma Giulia non vuole.
3. すると、フィリッポ君が現れました
フィリッポ君は
ジュリアちゃんの
キックボードに乗りたい!と思っています
でもジュリアちゃんは
誰にも貸したくありません

Poi, però, arriva la tata di Giulia e le dice così... Ma Giulia, ieri hai giocato con la palla di Filippo. Oggi puoi prestargli il tuo monopattino! !
4. でもそこへ
ジュリアちゃんの
ベビーシッターがやってきて
こう言います
「ジュリア、昨日はフィリッポ君の
ボールで遊ばしてもらったやろ
ほな、今日はあんたのキックボードを
貸したらなあかんのんちゃう?」

Ma Giulia non vuole. Oggi per lei e' il giorno dei “no”.
5. でも、ジュリアちゃんは
貸したくありません
今日はなんでも「いや」な日なんですね

Filippo, allora, decide di fare un grande sacrificio(per lui). Presta la sua palla a Giulia. E Giulia gradisce questa proposta.
6. するとフィリッポ君
大きな決断を下しました
フィリッポ君にしたら
それはそれは大変な犠牲です
なんとなんと、大事にしているボールを
ジュリアちゃんに
貸すことにしたのです
ジュリアちゃんは
ボールを借りることにしました

Filippo e' felicissimo. finalmente puo' salire sul monopattino!!! Ma...
7. フィリッポ君は大喜びです
やっとこ、キックボードに乗れるんですから!
おや、ところが…

...Matteo glielo ruba e scompare!
8. マッテオ君が現れ
キックボードに乗って消え去りました

Filippo non riesce a capire la sua triste situazione. La sua mamma scoppia a ridere. AHAHA!
9. フィリッポ君は
その状況を理解出来ず
青ざめています
フィリッポ君のママは
それを見て笑っています

Il parco e' come una societa' in miniatura. Filippo puo' usare il monopattino. Ma scopre che non sa salirci!
10. ヨウコ
「公園ってな、社会の縮図よな」

ただいま、フィリッポ君に
やっとこ
キックボードが回ってきましたが
どうやるのか全く分かりません!