31.7.14

くちゃくちゃ漫画 Mangaccia : アトムの秘密 Un segreto di Atom

Che cos'e' il Mangaccia?

Oggi parliamo dei mici di Yoko! Fruuu!
1. ジョバちゃん
「今日はヨウコの猫ちゃん達の話しよか!」

ヨウコ猫
「フ〜ッ!」

Sul finire del 20` secolo, si e` scoperto che Tyobi era rimasta segretamente incinta. Ho pensato che così` potrò` moltiplicare la mia bellezza e la mia graziosita`!
2. 20世紀末
チョビちゃんが密かにご懐妊されていた事が判明する

チョビちゃん
「私のこの美しさと優美さを
さらに増やせるかと思ったのヨ!」
はい、それは素晴らしいお考えでございます!

La mamma di Yoko si terrorizza un po`… C-come potremo mai occuparci di tutti questi micini?!
3. ヨウコのマンマはちょっとビックリ
「ど、どないしょ
そんなに沢山の子猫ちゃん達を面倒見れるかしら?!」

Ma una visita dal veterinario la tranquillizza… Tyobi e` così` bella che i suoi figli saranno stupendi! Va bene. !
4. ほんでも、獣医さんの一言がすべてを変えます

獣医さんの渡辺先生
「チョビちゃんはこんなに可愛いから
きっと産まれてくる子猫ちゃん達も可愛いよね!」

チョビちゃん、この一言をお褒めになります

ヨウコのマンマ、この言葉にハッとします

Congratulazioni: Tyobi aspetta cinque micini! Yeppa!
5. 獣医さんの渡辺先生
「おめでとうございます!
チョビちゃんは5人の猫ちゃんを妊娠中だよ!」

ヨウコのマンマ
「やっほ!」

Era il tre marzo del 2000… rincasando Yoko trova la casa vuota… Oh, sono tutti usciti! Certamente torneranno tardi!
6. それは2000年の3月3日
ヨウコは誰もいない家に帰り着いた

ヨウコ
「お、今日はみんな出かけてるな
みんな帰りは遅くなりそうやねぇ」

Yoko va subito da Tyobi che, proprio in quel momento, stava partorendo il primo micio.  Che mi succede? Mi scappa di fare tanta pupu`? Wow! Forza, Tyobi!!!
7. ヨウコは帰ってすぐにチョビちゃんのもとへ駆けつけました
するとなんとなんと
おチョビちゃまがまさにお一人目を
ご出産なさっているところだったんです

チョビちゃん
「一体何が起きてるの?
なんかウンチがいっぱい出る感じやねんけど」

ヨウコ
「うわぉ!
頑張れ、チョビちゃん!」

Dopo tre ore di duro lavoro… Forza, Tyobi, ne manca solo uno!!! Che strano! Queste pupu` si muovono e miagolano!
8. 3時間の重労働の後…
ヨウコ
「頑張れ、チョビちゃん!
あと一人で終わりやで!」

チョビちゃん
「おっかしいな〜!
あたしがしたウンチったら
動いてるし、ニャオニャオ言うてんねん!」
と事の次第にお気づきになっておられません

E così` nasce anche il quinto… Ottimo lavoro, Tyobi! Adesso ti porto dell`acqua! Come sono stanca!
9. そして5人目が産まれました

ヨウコ
「えらいぞ、チョビちゃん!
今からお水持ってくるわね!」

チョビちゃん
「あ〜疲れた〜」

Dopo un po` rincasa la mamma di Yoko… miao miao miao miao Sono tornata! … eh?
10. その少し後、ヨウコのマンマが帰宅しました

ヨウコのマンマ
「ただいま!
あれ?!」

Adesso ci presentiamo ai figli di Tyobi! miao miao miao miao Oh, Tyobi, che brava che sei stata!
11. ヨウコ
「いまからチョビちゃんのご子息方に挨拶しよっか!」

ヨウコのマンマ
「あらまぁ、チョビちゃん
よぉ頑張ったわねぇ!」

Uhm… eh…? miao miao miao miao
12. 子猫ちゃん達に面会しに行く二人

「うん? あれ?」

なんか多いですよ

Quello nero non l’ho mica visto nascere… Ma il veterinario non aveva detto che dovevano essere solo cinque? miao miao miao miao
13. ヨウコ
「あっし、あの黒い子産まれたとこ見てへんでぇ」

ヨウコのマンマ
「獣医さんは5人産まれるって言うてはったよねぇ?」

“Quello nero”, nato per ultimo, e` Atom. Uh? Nessuno mi ha visto nascere? Mah! Ognuno ha dei segreti che devono restare tali!
14. その「黒い子」がアトムちゃんです。

アトムちゃん
「おや? どなたもボクちゃんが産まれるのを
ご覧になっていませんでしたか?
ふふっ!
どなた様でも秘密というものは
お持ちではございませんか、そうでしょう!」


Comunque i micini crescono bene… La nonna di Yoko Buon giorno, Signora. Come sta?
15. ともかく、子猫ちゃんたちはスクスクと育ちました

ヨウコのおばあちゃんが現れました

アトムちゃん
「こんにちは、シニョーラ
ご機嫌いかがですか?」

Ti sei macchiato il nasino con un pennarello indelebile? !
16. ヨウコのおばあちゃん、
アトムちゃんに話しかけます
「あんさん、鼻にマジック塗ったんか?」

アトムちゃん、ハッとします

Atom riflette, poi risponde educatamente… No, signora, non e’ così’. Il mio e’ un dono del destino!
17. アトムちゃんは少し考えた後
こう上品に答えました
「シニョーラ、さにあらず。
これは運命と言う名の授かり物でございます」




リンク
らせんのファンタジー

30.7.14

求人広告見つけました Ho trovato "Offresi Lavoro"

Abbiamo trovato un annuncio di "Offresi Lavoro" a Busto Arsizio.


Cercasi personale

Cercasi addetto cucina

Gradita esperienza nel settore ristorazione

e/o provenienza da indirizzo alberghiero

Full time - Disponibilta' immediata

Inviare C.V. con foto a

info@amarcordbustoarsizio.it

25.7.14

ミステリーゾーン☆ルガーノ La zona misteriosa☆Lugano : スイスの列車の中で… Nel treno svizzero...




この文字が読めないのは私のせいではありません

Non e' mica colpa mia se non riesco a leggere questo testo!

24.7.14

くちゃくちゃ漫画 Mangaccia : 吸血センター Centro vampiro

Che cos'e' il Mangaccia?

関連記事:くちゃくちゃ漫画 : 黄色
Prima puntata di questo post:Mangaccia : Colore giallo

Yoko! E’ ora di farci l’esame del sangue! E’ per la nostra salute! Grazie, mi sento benissimo.
1. ジョバちゃん
「ヨウコ!そろそろ血液検査せないかんわ!
僕らの健康の為にね!」

ヨウコ
「どうも。でもアッシ、充分健康やし!」

E poi… ho un impegno! Spiacente! No! Non puoi scappare cosi’! Ha paura degli aghi.
2. ヨウコ
「それに用事あるねん! 残念でした〜!」

ジョバちゃん
「こらっ!逃げなさんな!」

ヨウコ、注射の針が嫌なんですよ〜

Mah! La verita’ e’ che NOI GIAPPONESI siamo troppo gentili! Ogni tanto NOI dovremmo imparare a esprimere cio’ che proviamo. La tua faccia non ha nessuna espressione!!!
3. ヨウコ
「ほ〜んまにもう!
ホンマんとこ、アッシら日本人って
穏やかすぎるっちゅうねん!
アッシら日本人やって
たまには思ってる事、表現していかんとアカンわ」
と日本人を都合良く巻き込んで横柄ですね〜!
そろそろ誰か止めんといけませんよ!

しかし、ジョバちゃんは
「表現言うたかって、あんさんの顔
表情いっこもあらへんやんか!」
とすかさず突っ込んでいますよ

Stai solo perdendo tempo! Ora ti porto io in ospedale! Fruuu!
4. ジョバちゃん
「また時間の無駄ばっかりして!
今から病院に連れてくよ!」

ヨウコ、ヨウコ猫になって威嚇しています
「フ〜ッ!」

Fruuu! Questo e’ un razzismo! Io ti denuncio! Non la ascolta neppure!
5. ヨウコ猫
「フーッ!
これは人種差別や!訴えたる!」
とまるで道理にかなってませんね!

ジョバちゃんはそんな猫の良い分なんて無視して靴履いてますよ

Ohhh! Ma che sfortuna: sta nevicando! Non possiamo uscire! No no! E’ primaverissima e non c’e’ neppure un fiocco di neve!
6. ヨウコ猫
「おおお!なんてついてないんでしょう!
雪降ってるで!外に出られへんわ!」

ジョバちゃん
「何言うてんの!めっちゃくそ春やん!
雪なんか結晶すら見えへんわ!」

Fruuu!
7. バスで病院へ向かいます
ヨウコ猫はまだ威嚇しています

Mi dispiace! Adesso devo proprio andare! Avevo dimenticato di avere un appuntamento con un tizio NEI MIEI SOGNI! Se non la smetti ti metto a nanna con un pugno!
8. ヨウコ猫
「あら、残念!アッシ、行かなアカンわ!
約束あるん忘れとってん!
ある人に夢の中で会わないかんのよ!」

ジョバちゃんも負けてませんよ!
「いい加減にしなさいんか
せやないと、一発お見舞いして眠らしたるで! 」

Finalmente arrivano in ospedale… Vado a prendere il numerino. Tu aspettami li e fai la buona! Fruuu!
9. やっとこ病院へ着きました
ジョバちゃん
「ほな、整理券もらってくるからね
そこで大人しくしとってね!」

ヨウコ猫
「フ〜ッ!」
ご機嫌は斜めどころか、垂直になっております

Fatti succhiare un po’ di sangue anche per me! Tanto non lo scopriranno mai! Ih! ih! S-succhiare? Non dire stupidaggini e dammi il tuo codice fiscale!
10. ヨウコ猫
「ジョバちゃん、なんやったら
アッシの分もあんたの血ぃを吸わせたらええねん!
誰にも分からんやろ?せやろ?イヒヒ!」

ジョバちゃん
「血を吸わせるって?
アホな事やめて。ほら
アレちょうだいんか、コード。
あんたの健康保険書番号!」

Codice!? Il codice… da Vinci? Sta alla pinacoteca di Milano!  Evviva! Così’ cambio il discorso e mi salvo! Non la ascolta di nuovo!
11. ヨウコ猫
「コード? ダ・ヴィンチ・コードの事?
それやったらミラノにあるやんか!」
といいつつ
「しめしめ!これで話をそらすぞ!」
と、ほくそ笑んでいますが
またもやジョバちゃんはガン無視です

Tranquilla, Yoko-gatta, fra poco arriva il nostro turno! Eh! Eh! Che divertente vederla soffrire! Ma… infatti…
12. ジョバちゃん
「ほら、ヨウコ、大丈夫やから
もうすぐ僕らの番やし!」
 となだめながらも
「えへへ!ヨウコが苦しんでるのって楽しいわ!」
と思っています

ヨウコ猫
「ほんでもな、あのな…」

…mentre ti aspettavo sono andata al bar qui di fronte da cui proveniva un buon profumo di brioche e ne ho mangiate un paio. Spiacente ma oggi non posso fare l’esame! E’ solo uno scherzo… purtroppo! ?!
13. ヨウコ猫
「ジョバちゃん、あんたを待ってる間に
実はバールでクロワッサン二つほどつまんできたんよ
ええ匂いしとったもんやから!
誠に遺憾ながら、本日は血液検査できひんわ!」

ジョバちゃん、顔が崩れるほどビックリします

ヨウコ猫
「って、これも誠に遺憾ながら嘘やねんけど!」

E così’ quelli del “centro vampiro” succhiano il sangue della povera Yoko-gatta… Che cacchio! Neppure Da Vinci mi ha salvato!
14. そして、コウモリ羽ばたく吸血センターで
可哀想なヨウコ猫は血を吸われてしまいました

ヨウコ猫
「フ〜ッ! クソ!
ダ・ヴィンチさえもアッシを助けてくれへんかったわ!」
と悔し気です

Come al solito, Yoko ne ricava una inutilissima idea… Ho pensato a un buonissimo sistema tramite il quale nessuno dovra’ più’ andare in ospedale…
15. そしていつもの様にヨウコは
とっても無駄なアイデアを引っ張り出して来ます

ヨウコ猫
「アッシ、めっちゃええシステムを思いついたんよ
これで誰もわざわざ病院に行かんでよぉなるねんな」

Funziona cosi’… Si prenota l’esame del sangue al telefono. BLA BLA BLA
16. それはこのようになっております
無駄なアイデアだけに、
こうして話すのも無駄なのかもしれませんねぇ

その1 電話で血液検査を予約します

Lo staff medico si mette subito all’opera. D’accordo! Vi mando subito un nostro operatore sanitario… segreto!
17. その2
病院の医療スタッフがすぐに対応します
「あいよ!じゃ、すぐにお宅にスタッフ派遣するわね!
それもシークレット・スタッフね!」

Due pipistrelli (operatori sanitari) attaccano i nostri a loro insaputa…
18. その3
二匹のコウモリ(医療スタッフ!)が
我らがジョバちゃんとヨウコのもとへやって来て
血を吸い取ります

ジョバちゃんとヨウコは、うかうかして
呑気に歌って踊っていますよ

Alla fine tornano all’ospedale cricchi di sangue… Il mio e’ quello di quel bustocco bianchiccio! Il mio, invece, e’ di quella limoncina giapponese! Questo e’ una specie di razzismo! Va bene. Depositate tutto nelle provette!
19. その4
そしてコウモリさん達は病院へ戻ります
コウモリ1
「はいよ、ボクのはあの色白のブスト人の血ね!」

コウモリ2
「はい、アッシのはあのレモン色の日本人のんね!」
って、これって人種差別の一種?

スタッフ
「よっしゃ
ほんならこの試験管に入れてね!」


Dopo qualche giorno arrivano i risultati… Eh? Ma quando ci hanno succhiato il sangue?
20. その5
数日後、彼らの元に検査結果が届きます

ジョバちゃんとヨウコ
「え?一体いつの間に血を吸っとったん?」


18.7.14

ミステリーゾーン☆ブスト・アルシツィオ La zona misteriosa☆Busto Arsizio : カタツムリーノ Lumachina

イチゴを買ったらカタツムリーノが隠れていました。

Abbiamo trovato una lumachina tra le fragole.







17.7.14

くちゃくちゃ漫画 Mangaccia : シーツ Lenzuolo

Che cos'e' il Mangaccia?

Un sabato, Yoko si mette a fare il bucato…
1. ある土曜日、ヨウコは洗濯をしてます

Oh… che grande questo lenzuolo!
2. ヨウコ
「あらまあ、このシーツの大きいこと!」

Non posso stenderlo da sola…
3. ヨウコ
「こりゃ一人で干すのは無理やねえ」
と、いつもの様にやる気なし

Allora Yoko comincia a recitare e a danzare uno strano incantesimo… Marito miooohn…
4. そうしますと、ヨウコはとある踊りを始めながら
おかしく怪しげな呪文を唱えました

「アッシのぉぉ〜ん… 旦那よぉぉぉん♩」

Ohnnn… Marito miooohn…
5. 「んんん…アッシのぉぉ… 旦那よぉぉぉ〜♩」

ジョバちゃん、横から生えて来ました

Marito miooohn… Accidenti! Che e’ sto casino?
6. 「アッシのぉぉ〜ん… 旦那よぉぉぉん♩」
ダンスも呪文も、佳境に達しています

ジョバちゃん、大きなシーツを発見
「うわ、しもた!これ一体なに?」
と青ざめます

Chissa’ perché’, pur sapendo che c’era una fregatura in agguato, sono venuto comunque…  (pensa) Si chiama amoooreee…
7. ジョバちゃん
「なんでかな、どうせ騙されるって分かってんのに
来ちゃうんよね」