18.3.13

くちゃくちゃ漫画 Mangaccia : 豆ご飯の作り方 Come si cucina il riso con i piselli?



Yoko ha cucinato il riso con i piselli. Mangia senza parlare. Vuol dire che gli e' piaciuto...
1. ヨウコ、豆ご飯を作った

ジョバちゃんは、喋りもせずにモクモクと豆ご飯を食べている
ヨウコはジョバちゃんを横目で見ながら
心の中で呟く「気に入ったって事やな・・・」


Allora, vi spieghiamo come si cucina questo piatto!! Eh? Io infatti non lo so!
2. ジョバちゃん&ヨウコ
「ほな、豆ご飯の作り方教えましょか!」

ジョバちゃんはコソッと言う
「え?ボク知らんねんけど!」



Prima di tutto ci vuole il cuociriso!
3. ヨウコ
「まず第一に炊飯器ね!」

ジョバちゃん、後ろでビックリ

Penso che sia gia' un ostacolo altissimo avere il cuociriso. !
4. ジョバちゃん、ヨウコに言う
「あのね、炊飯器持ってる事、なんてすでにハードル高いよ」

ヨウコ、ハッとする

*ミラノでは炊飯器はアジアの食材店で売ってる程度
ってことはもっと小さい町にはなかなか無さそうやなぁ


U... uh ... Yoko non ci ha mai pensato.
5. ヨウコ、そんなこと考えた事なかった
「う、う・・・ん」悩む


U... u... uh... Yoko si sta spremendo le meningi...
6. ヨウコ、まだ悩む
「う・・・う・・・う~ん・・・」

ジョバちゃん、後ろで見守るかのように
「ヨウコが知恵絞ってる・・・」


! Brava! Hai trovato una buona soluzione!?
7. ヨウコ、ハッとする

ジョバちゃん
「えらいぞ! なんかええ事思いついたんでしょ!?」


CHIEDETE A BABBO NATALE se non avete il cuociriso! Sta indicando verso la Finlandia. Noooh! Babbo natale e' al Polo Nord!!
8. ヨウコ
「炊飯器持ってへんかったら、サンタさんに頼んで!!」
フィンランドの方角をさしながら言う

ジョバちゃん
「ちゃうで~! サンタは北極にいるんやでぇ!」
と干からびる


Allora, prepariamo queste cose. P... per forza? Riso 2 bicchieri. 80g di piselli freschi dolci. 1 cucchiaino di sale. 2-3 cucchiai di vino bianco
9. ヨウコ
「じゃ、こんだけ用意してね」
と強引に話を前に進める

「お米 2カップ
お豆さん 80グラム 甘いやつね
お塩 小さじ1
白ワイン(料理酒ないから) 大さじ2,3」


Lavare il riso con acqua e sciacquare i piselli. Che prepotente, Yoko... Forse mamma ti ha morso, vero?
10. ヨウコ、ガンガン進める
「ほんでからお米洗て
お豆はさっと水洗いやで」

ジョバちゃん、つぶやく
「なんてえらそうなんや、ヨウコ
 マンマに噛まれたんでしょ、そうでしょ?」


Mettere il riso in una pentola interna del cuociriso. Poi acqua. P... per chi non ha il cuociriso?
11. 「それから炊飯器の内釜に
お米を入れてそれからお水を入れる」

 ジョバちゃん「だ、だから炊飯器持ってない人はどうなるの?」


Poi i piselli, il sale e il vino biancooooh!! Oh! Yoko calda! Non e' male!
12. ヨウコ、叫ぶに至る
「それからお豆にお塩、ほんでから白ワインね~~~!」

ジョバちゃん、やや感動
「お、ヨウコが熱くなってる!
ええやん!!」


Adesso vi dico l'ultima cosa mooolto importante!! Cosa!? Sembra che sia quasi finito!
13. ヨウコ、まだ叫ぶ
「今からメッチャクチャ重要な事言うで!!」


ジョバちゃん
「え、なんて!?
もうほとんど終わってるんちゃうん!?」


Dobbiamo premere il bottone del suociriso... Q..quindi?
14. ヨウコ
「炊飯器のボタンを押さなアカンねん・・・」

ジョバちゃん
「だ、だから?」


Con il mignolo della mano non DOMINANTE che grande segreto!! L'unico che ci crede?
15. ヨウコ
「それは聞き手じゃない方の小指で」

ジョバちゃん
感動して泣く
「そんな大きな秘密があったんや!!」
あれ、ジョバちゃんたら、信じちゃってる?





Ho fatto questo Mangaccia usando "Noteshelf" (un appricazione di iPad).
Link per questa applicazione
このクチャクチャ漫画は「Noteshelf」で作成しました
このアプリケーションへのリンク

4 commenti:

  1. :D meravigliosa!!!!!! ahhaahahahahahahahahahahah

    RispondiElimina
    Risposte
    1. Ciao! Bentornato sul blog! :D

      Elimina
  2. ...sono un po' preoccupato!!! Alberto :)

    RispondiElimina
    Risposte
    1. Grazie al Dio, stiamo BENE:D

      Elimina

\(=M=)/\(@w@)/
Buona giornata a te!!!